仕組債・金融取引・証券取引の紛争解決

金融証券取引.com

03-3556-7441
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 金融工学の知識
  • 金融の専門家
  • 選ばれる理由
  • 依頼者の声
  • メディア掲載
  • 費用
  • 事務所紹介
  • 証券取引
  • 仕組債
  • 為替デリバティブ
  • 高齢者向け金融商品
  • 商品先物取引
  • ネット取引
  • 投資詐欺
  • 外国証券
  • 投資信託
  • 金融犯罪
  • HOME
  • セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

 最近、名古屋・金沢等、関東圏以外の法人・個人の方からのご相談、ご依頼が増えています。
 いずれも、地元の弁護士に依頼していたものの、金融取引に関する専門性の点で疑問を感じられたことから、当事務所にお問合せ頂いた、とのことです。

金融取引に関しては、必ずしも専門的な知識を有しない弁護士も多いことから、当事務所ではセカンドオピニオンサービスに力を入れております
 

セカンドオピニオンとは、ある専門家からアドバイスを受け、それに対して疑問があったり、その正確性を確かめたい場合に別の専門家に依頼して得る意見のことです。
当事務所にお問合せいただくケースの多くは、依頼者の方が弁護士よりも金融知識が豊富なために、依頼していた弁護士に不信感を感じて、セカンドオピニオンを求められるパターンです。
特に地方では、金融取引の専門知識を有する弁護士は少なく、また専門知識がある場合でも、会社側を専門されていることが多いようです。
 

また、同じ金融のトラブルでも、「先物取引には精通しているが、デリバティブについては詳しくない」ということもあるようです。
最近、このようなケースを見るにつけ、これまで証券訴訟において、会社側が勝つことが多かったのは、顧客側弁護士にも責任の一端があるのではないか、と思えてなりません。
当事務所は、金融取引について、業者側・顧客側の両方で多数の訴訟経験がございますので、セカンドオピニオンが必要な場合は、お気軽にお問合せください。
 

なお弁護士職務規程第72条によると、「弁護士は、他の弁護士等が受任している事件に不当に介入してはならない。」と規定されています。
しかしながら本規定は、依頼者の方が他の弁護士にセカンドオピニオンを求めたり、既に他の弁護士が受任している事件について受任することを拒否するものではありません。
よって既に他の弁護士に相談ないし委任しているケースでも、安心してご相談に乗ることが可能です。

 

 

ImgTop10.jpg


サイト全体の目次


HOME                

当事務所の解決実績        

ご依頼者の声

弁護士紹介

事務所紹介

費用の目安

     

よく読まれている記事

仕組債被害の実態と問題点

金融犯罪/インサイダー

高齢者の金融・証券取引被害

 

  • 金融・証券取引被害の法律相談のご予約 03-3556-7441


 

Copyright© 2013 麹町大通り総合法律事務所 All rights reserved.