仕組債・金融取引・証券取引の紛争解決

金融証券取引.com

トップバナー2.jpg
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 金融工学の知識
  • 金融の専門家
  • 選ばれる理由
  • 依頼者の声
  • メディア掲載
  • 費用
  • 事務所紹介
  • 証券取引
  • 仕組債
  • 為替デリバティブ
  • 高齢者向け金融商品
  • 商品先物取引
  • ネット取引
  • 投資詐欺
  • 外国証券
  • 投資信託
  • 金融犯罪

金融被害の代理弁護士として本杉のコメントが週刊東洋経済に掲載されました。

週刊東洋経済に金融被害者の代理弁護士として本杉のコメントが掲載されました。

本杉のコメント抜粋

抜枠.JPG
VIX(ボラティリティインデックス)指数の動きと逆に動くように設計された金融商品の価格は、市場が安定的に推移しているときは緩やかに上昇し、株価下落など市場が急変したときには大きく下落するようになっており、さらには早期償還条項が付けられ、一定程度株価が下落した時に売却される仕組みとなっています。そんなリスク的な商品の安全性を隠匿し、莫大な損害を被った事例が実際にありました。
 
それに対して、金融商品取引に詳しい原告代理人本杉明義弁護士は、「そもそも『即死条項』といわれる早期償還条項付きの商品が上場されて広く一般に販売されていたことが問題。加えて売り手は商品内容を正確に把握せずにVIXショック直前まで積極的に販売していた」と指摘した。
 

掲載記事

 
下記記事をクリックすると拡大します。
東洋経済.JPG掲載内容.JPG
Copyright© 2013 麹町大通り総合法律事務所 All rights reserved.