仕組債・金融取引・証券取引の紛争解決

金融証券取引.com

03-3556-7441
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 金融工学の知識
  • 金融の専門家
  • 選ばれる理由
  • 依頼者の声
  • メディア掲載
  • 費用
  • 事務所紹介
  • 証券取引
  • 仕組債
  • 為替デリバティブ
  • 高齢者向け金融商品
  • 商品先物取引
  • ネット取引
  • 投資詐欺
  • 外国証券
  • 投資信託
  • 金融犯罪

開示義務違反

ImgTop9.jpg   金融商品取引法は、有価証券の発行者に投資判断に役立つ重要情報を、強制的に開示させる制度を定めています。

 発行者は、有価証券の発行に際して、重要事項を記載した有価証券届出書を作成・提出する義務があります。
 また、個別の取得者に対しては、有価証券届出書の内容を記載した目論見書を作成して、交付する義務があります。

 これらの義務に違反した場合、民事、刑事の責任を課される他、課徴金制度も設けられています。

開示義違反が認められた判例

有価証券報告書の虚偽記載を理由に、株主が発行会社に損害賠償請求した事案で、株価下落分の損害賠償請求が認められた
(東京地裁平成21・3・31判決、「西武鉄道事件」)

 

ImgTop10.jpg

 

金融トラブルの類型
適合性原則 損失補償等を伴う勧誘 手仕舞い義務違反
◆説明義務違反    助言義務違反 ◆開示義務違反 
不当勧誘 一任売買 市場に対する不正行為
過当取引 無断売買 インサイダー取引
相場操縦    


サイト全体の目次


HOME                

当事務所の解決実績        

ご依頼者の声

弁護士紹介

事務所紹介

費用の目安

     

よく読まれている記事

仕組債被害の実態と問題点

金融犯罪/インサイダー

高齢者の金融・証券取引被害

 

  • 金融・証券取引被害の法律相談のご予約 03-3556-7441


 

Copyright© 2013 麹町大通り総合法律事務所 All rights reserved.