仕組債・金融取引・証券取引の紛争解決

金融証券取引.com

03-3556-7441
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 金融工学の知識
  • 金融の専門家
  • 選ばれる理由
  • 依頼者の声
  • メディア掲載
  • 費用
  • 事務所紹介
  • 証券取引
  • 仕組債
  • 為替デリバティブ
  • 高齢者向け金融商品
  • 商品先物取引
  • ネット取引
  • 投資詐欺
  • 外国証券
  • 投資信託
  • 金融犯罪

手見舞い義務違反

ImgTop9.jpg   手仕舞いとは、信用取引等において、新規に玉(ぎょく)の買い、または売りをして玉が建っている場合、反対売買をして決済することを言います。

金融商品取引業者は、顧客からの反対売買指示があれば、その指示を取引所に取り次ぎ、手仕舞いをする義務を負っています。

顧客の手仕舞い指示に違反して、損害を与えた場合、金融商品取引業者は、顧客に対して損害賠償責任を負います

手仕舞い義務違反が認められた判例

顧客との間でトラブルが発生し、売却損を顧客ないし証券会社のいずれが負担するかを巡って争いが発生している状況下において、証券会社としては早期に手仕舞いを実行して損失を拡大させないように配慮すべきであったとして、違法性を認めた(東京地裁平成6・3・10判決)

 

ImgTop10.jpg

 

金融トラブルの類型
適合性原則 損失補償等を伴う勧誘 手仕舞い義務違反
◆説明義務違反    助言義務違反 ◆開示義務違反 
不当勧誘 一任売買 市場に対する不正行為
過当取引 無断売買 インサイダー取引
相場操縦    


サイト全体の目次


HOME                

当事務所の解決実績        

ご依頼者の声

弁護士紹介

事務所紹介

費用の目安

     

よく読まれている記事

仕組債被害の実態と問題点

金融犯罪/インサイダー

高齢者の金融・証券取引被害

 

  • 金融・証券取引被害の法律相談のご予約 03-3556-7441


 

Copyright© 2013 麹町大通り総合法律事務所 All rights reserved.