仕組債・金融取引・証券取引の紛争解決

金融証券取引.com

03-3556-7441
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 金融工学の知識
  • 金融の専門家
  • 選ばれる理由
  • 依頼者の声
  • メディア掲載
  • 費用
  • 事務所紹介
  • 証券取引
  • 仕組債
  • 為替デリバティブ
  • 高齢者向け金融商品
  • 商品先物取引
  • ネット取引
  • 投資詐欺
  • 外国証券
  • 投資信託
  • 金融犯罪

過当取引

ImgTop9.jpg  

過当取引とは、金融商品取引業者が、顧客の信頼を悪用して、手数料稼ぎ等のために、金額・回数において過当な取引を実行することを指します。証券訴訟の先進国である米国では「チャーニング」として違法性が認められることが定着しています。

我が国の判決例でも、最近、この「チャーニング」の考え方に基づいて、証券会社の違法性を認めた判決例が多数出ています。
過当かどうかの判断は、売買の頻度や売買量、顧客の投資目的等を総合的に判断して、決定されます。

判決例によると①過当性、②口座支配性、③悪意性の3要件を具備した取引
「過当取引」として違法であることが認められています。
 

特に①過当性の要件は、回転率(顧客の資金が年間に何回転しているか、回転率が高い程、過当性が認められやすい)及び手数料率(委託手数料の投資金額に対する比率、手数料率が高い程、過当性が認められやすい)という客観的なデータで判断できます。

過当取引が認められた判例

(1)手数料率が8~10%、売買回転率が6を超えていること等を理由に、過当取引を認めた
(名古屋高裁平成15・3・12判決)

(2)証券会社担当者が、顧客の口座を実質的に支配して、顧客の信頼を濫用し、顧客の利益の犠牲の下に、手数料収入を得るために、顧客の属性に照らして、過度な頻度、数量の証券取引を勧誘したとして、株の信用取引に関して過当取引を認めた
(東京地裁平成15・6・27判決)

(3)株の信用取引に関して、以前の証券取引とは量的にも質的にも大きく異なっており、顧客の属性に照らして、著しく大規模かつ頻回にすぎた取引であると述べて、過当取引を認定した
(大阪地裁平成16・1・28判決)

 

ImgTop10.jpg

 

金融トラブルの類型
適合性原則 損失補償等を伴う勧誘 手仕舞い義務違反
◆説明義務違反    助言義務違反 ◆開示義務違反 
不当勧誘 一任売買 市場に対する不正行為
過当取引 無断売買 インサイダー取引
相場操縦    


サイト全体の目次


HOME                

当事務所の解決実績        

ご依頼者の声

弁護士紹介

事務所紹介

費用の目安

     

よく読まれている記事

仕組債被害の実態と問題点

金融犯罪/インサイダー

高齢者の金融・証券取引被害

 

  • 金融・証券取引被害の法律相談のご予約 03-3556-7441


 

Copyright© 2013 麹町大通り総合法律事務所 All rights reserved.