仕組債・金融取引・証券取引の紛争解決

金融証券取引.com

03-3556-7441
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 金融工学の知識
  • 金融の専門家
  • 選ばれる理由
  • 依頼者の声
  • メディア掲載
  • 費用
  • 事務所紹介
  • 証券取引
  • 仕組債
  • 為替デリバティブ
  • 高齢者向け金融商品
  • 商品先物取引
  • ネット取引
  • 投資詐欺
  • 外国証券
  • 投資信託
  • 金融犯罪

適合性原則

ImgTop9.jpg   適合性原則違反と基準となる判決は、最高裁平成17年7月14日判決です。

同判決は、広島の事業法人に対して日経225オプション取引等を勧誘した事案において、「証券会社の担当者が、顧客の意向と実情に反して、明らかに過大な危険を伴う取引を積極的に勧誘するなど、適合性の原則から著しく逸脱した証券取引の勧誘をしてこれを行わせたときは、当該行為は不法行為上も違法となると解するのが相当である。そして、~不法行為の成否に関し、顧客の適合性を判断するに当たっては、~一般的抽象的なリスクのみを考慮するのではなく、当該オプションの基礎商品が何か当該オプションは上場商品とされているかどうかなど具体的な商品特性を踏まえて、これとの相関関係において、顧客の投資経験証券取引の知識投資意向財産状態等の諸要素を総合的に考慮する必要があるというべきである。」との判断を示しています。前記最高裁判決後の下級審判決は、概ね前記最高裁で示された基準に則って適合性原則違反の有無を判断しています。

 

要するに、適合性原則違反の有無は、①具体的な商品特性との相関関係で決まること②それとの相関関係で顧客の属性と照らして判断されることが示されています。

 

よって、商品内容が単純かつ明確な従来型の金融商品と、より複雑かつ不透明な仕組債やデリバティブ商品では、適合性原則違反の基準が異なります。また、日経225オプション取引のように取引所に上場されている商品と、仕組債や店頭デリバティブ商品では、適合性原則違反の基準が異なります。

 

顧客の属性としては、①性別、年齢、学歴、職歴、金融資産の額や年収などといった一般的な属性と、②取引経験や金融知識レベル、安定指向かリスク指向か、投資金額の全体の資産に占める割合といった具体的な属性と、を総合的に考慮して判断されます。
 

 

ImgTop10.jpg

 

金融トラブルの類型
適合性原則 損失補償等を伴う勧誘 手仕舞い義務違反
◆説明義務違反    助言義務違反 ◆開示義務違反 
不当勧誘 一任売買 市場に対する不正行為
過当取引 無断売買 インサイダー取引
相場操縦    


サイト全体の目次


HOME                

当事務所の解決実績        

ご依頼者の声

弁護士紹介

事務所紹介

費用の目安

     

よく読まれている記事

仕組債被害の実態と問題点

金融犯罪/インサイダー

高齢者の金融・証券取引被害

 

  • 金融・証券取引被害の法律相談のご予約 03-3556-7441


 

Copyright© 2013 麹町大通り総合法律事務所 All rights reserved.