仕組債・金融取引・証券取引の紛争解決

金融証券取引.com

03-3556-7441
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 金融工学の知識
  • 金融の専門家
  • 選ばれる理由
  • 依頼者の声
  • メディア掲載
  • 費用
  • 事務所紹介
  • 証券取引
  • 仕組債
  • 為替デリバティブ
  • 高齢者向け金融商品
  • 商品先物取引
  • ネット取引
  • 投資詐欺
  • 外国証券
  • 投資信託
  • 金融犯罪

担当者がいなくなったら要注意

金融機関側は顧客との間で取引上のトラブルが発生すると、担当者を変える、担当者を異動させる等といった方法を取ります。また、支店に担当者がいるにもかかわらず、電話をかけても担当者が出ない、支店を訪問しても担当者と会わせてくれないといったこともままあります

 

要するに、金融機関側は、将来、法的な紛争に発展する可能性がある顧客と担当者とを直接接触させないようにするのです。なぜ、金融機関側がそのような対応をるのかというと、顧客と担当者が直接接触すると、担当者が顧客の
  ImgTop9.jpg
言い分を認めてしまい、それが電話録音や念書のような形に残ってしまうことを避けたいからなのです

 

このように、顧客が何か取引上のクレームを述べようとすると、担当者を変えられる等して直接事実関係を確認することが難しくなります。金融機関側は、相談窓口のような部署を紹介しますが、そこにクレームを述べても決まりきった回答しか返ってこないことが一般です。

 

以上によれば、顧客側が自分の言い分を通すために金融機関側にクレームを申し入れても殆ど効果はなく、むしろ担当者と直接接触できなくなってしまい、かえって事態をややこしくしてしまいます。さらに、顧客が自分の言い分を書面(手紙など)にして金融機関側に提出することがよくあるのですが、法律の素人である顧客が専門家に相談もしないで提出した書面が、あとで訴訟において不利な証拠として扱われることがあることを肝に銘じるべきです
 
 
 高齢者、富裕層のための財産保全策 
◆高齢者向けの金融商品 ◆高齢の両親・ご家族が被害に遭われた場合
◆銀行員だと思っていたら、証券会社の人だった ◆情報共有同意書に注意
「これでお孫さんにお小遣い」等のセールストークに注意 高齢の社長が銀行員と2人で話し込んでいたら要注意
◆担当者がいなくなったら要注意 ◆認知症患者と金融商品取引被害
全銀協・FINMACに相談された方へ ◆「NISA」と高齢者の金融資産保全策について
高齢者 商品先物取引
投資詐欺  

 

当事務所が選ばれる5つの理由

①金融取引・証券取引(顧客側)の100件以上の「解決(損害の回復)」実績

②ADRはもちろん、裁判で画期的判決を獲得

③金融商品・証券取引紛争の約20年の経験と専門性

④金融工学の専門家との連携体制

⑤全国の弁護士から、共同受任の依頼を受ける事務所

 

 

ImgTop10.jpg

Contents Menu

麹町大通り総合法律事務所 03-3556-7441
事務所概要
弁護士による為替デリバティブ被害救済

201505gkks.png

麹町大通り総合法律事務所

 

 

Copyright© 2013 麹町大通り総合法律事務所 All rights reserved.