仕組債・金融取引・証券取引の紛争解決

金融証券取引.com

トップバナー2.jpg
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 金融工学の知識
  • 金融の専門家
  • 選ばれる理由
  • 依頼者の声
  • メディア掲載
  • 費用
  • 事務所紹介
  • 証券取引
  • 仕組債
  • 為替デリバティブ
  • 高齢者向け金融商品
  • 商品先物取引
  • ネット取引
  • 投資詐欺
  • 外国証券
  • 投資信託
  • 金融犯罪

事情聴取の準備

ImgTop8.jpg   まず、 事情聴取期日に誰が出頭するのかを決める必要があります。

申立人に代理人がついている場合、必ずしも当事者が出頭する必要はありませんが、私は、原則として当事者も出頭すべきと考えます。代理人(弁護士)では、どうしても生々しい話ができないからです。あっせん委員も人間ですから、同情してもらえた方が有利であることは明らかです。

例えば、中小企業の社長が高齢者であったり、どう見ても為替デリバティブ取引を理
解できるような能力がなければ、話を聞いてもらうだけで心証を取ってもらうことが可能です。

事情聴取期日に臨む以上は、あっせん委員から当日聞かれるであろう内容について事前に打ち合わせを行うべきです。あっせん手続きにおける事情聴取は、短時間であっせん委員が心証を取りますので、聞かれたことに対してどう答えるかが非常に重要になります。銀行の担当者もあっせん手続に出頭して事情聴取を受ける際は、相当の時間をかけて綿密なリハーサルを行っていますから、 申立人側も十分な準備をする必要があります。


あっせんは裁判のように白黒決着をつける手続ではないとしても、駆け引きなどのゲーム的な要素はありますから、自然体で臨めば良い結果が出ると考えるのは大きな間違いです。あっせん委員を説得し、また相手方の銀行に不利な事案であることを分からせるための戦略が必要です。

【 デリバティブの記事一覧 】

Copyright© 2013 麹町大通り総合法律事務所 All rights reserved.